iOS 15のiPhone/iPadが「アップデートを要求しました」と表示された状態でフリーズ場合の対処法

iOS 15のアップデートが「アップデートを要求しました」でフリーズします。本体の再起動、設定のリセット、電源プラグの接続など、あらゆる方法で確認しました。家族は同じWi-Fi接続でアップデートできています。他に何をすればよいでしょうか?

- Apple Communitiesのユーザー

より良い機能と体験を求めて、多くの人が最新の15ベータ版へのアップデートを待ち望んでいます。しかし、ほとんどの場合、アップデートはすぐには行われず、iPhone/iPadがアップデートの要求画面でフリーズする現象が起こるケースがあります。これはお客に限らず、多くのユーザーで起こることです。この記事では、iOS 15/14/13/12/11/10/9のiPhoneがアップデートを要求したままフリーズする問題を完全に解決できる方法をご案内いたします。

アップデートの要求とは何ですか?

iOS 15のダウンロードとインストールの要求によってアップル社のサーバーが過負荷状態になり、多くのバックログが発生するため、処理に時間を要する場合があります。これは、お客様のデバイスとAppleのサーバーの接続が実行中であることを意味します。また、ストレージが少ないことやその他の様々な理由により発生する現象です。

この記事では、デバイスの更新時にiOS 15への更新を要求された場合に、iPhone / iPadがフリーズする問題を完全に解決できるソリューションをご紹介いたします。

アップデートにはどのくらいの時間がかかりますか?

最新の評価では、iOS 14.6とiOS 15のアップデートの際、アップデートの要求画面を表示する時間は5分程度です。しかし、この時間はネットワーク速度やiPhoneのストレージ容量など、さまざまな要因に影響されます。iPhoneのソフトウェアをアップデートする際は、高速で安定したWiFiに接続し、十分なメモリを用意してください。

iPhoneがアップデートを要求した状態でフリーズするのはなぜですか?

iOS 15/14のアップデート時にiPhoneがフリーズする原因には以下のものがあります:

  • 不安定なネットワーク接続。
  • Appleサーバへの接続に失敗した。
  • iOSアップデートファイルに不具合がある。
  • ソフトウェアの不具合によりアップデートプロセスが阻害された。

iPhoneがアップデートを要求していますが、どうすればいいですか?

解決策1. ネットワーク設定をリセットする

アップデートの際には、ネットワークがとても重要です。WiFiルーターの再起動、別のWiFiへの変更、携帯電話のデータの使用などを行ってください。いずれでも改善しない場合は、以下の手順でネットワークの設定をリセットしてください。

  1. ステップ 1.iPhoneの設定アプリを開きます。

  2. ステップ 2.一般オプションをクリックします。

  3. ステップ 3.一般メニューが開いたら、リセットオプションをタップします。

  4. Step 4.ネットワーク設定のリセットをタップします。.

    ネットワーク設定をリセットして、ios 14のアップデート要求を修復する

解決策2. アップデートを削除して再度実行する

ラグの問題によってiOSがアップデートに失敗する場合があります。この場合は、アップデートを直接削除し、その後にインストールしてダウンロードしてください。

以下の手順でアップデートを削除し、iOS 14を再インストールしてください。(iOS 15も同様)

  1. ステップ 1.「設定」→「一般」→「iPhoneのストレージ」へ進みます。

  2. ステップ 2.iOS 14を探します。

  3. ステップ 3.これをタップし、アップデートの削除をタップします。.

    ios 14の要求中にフリーズしたアップデートを削除する

「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」へ進み、再度iOS 14のアップデートを行います。

解決策3.iPhoneを再起動する

iPhoneを使用中にシステムクラッシュやソフトウェアの不具合が発生した場合にも、再起動によって問題が改善できる場合があります。異なるモデルのiPhoneを再起動するには以下をご覧ください。

iPhone 6以前の機種の場合

iPhoneの画面にAppleロゴが表示されるまで、スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンを同時に押し続けます。

iPhone 7/7 Plusの場合

電源ボタンとボリュームダウンボタンを同時に長押しします。画面にAppleロゴが表示されるまで、ボタンを同時に押し続けます。

iPhone 8、X、X(Max)、XR、11、11 Pro(Max)の場合

ボリュームアップボタンを押して離します。次にボリュームダウンボタンも同様に、ボタンを押して離します。Appleロゴが表示されるまで電源ボタンを長押しします。

iPhoneを再起動して、アップデートを要求されたiPhoneを修復する

解決策4.iTunesでiOS 15をアップデートする

ご存知ですか?iOS 15のアップデートは、iPhoneのOTAパッケージを使用する以外に、iTunesの経由でもアップデートできます。その方法は以下の通りです。

  1. ステップ 1.パソコンでiTunesを開きます。

  2. ステップ 2.iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続します。

  3. ステップ 3.左側のリストにデバイスが表示されていることを確認します。

  4. ステップ 4.アップデートの確認ボタンをクリックします。iTunesは自動的に最新のアップデートを検出します。その後、アップデートをクリックすると、iPhoneにiOS 14(iOS 15も同様)がインストールされます。

    itunesでiPhoneをアップデートする

解決策5. DFUでデバイスを復元する

Redditユーザーより、DFUリストアを実行すると、iOS 14のアップデート要求時にフリーズする問題が解決するというフィードバックが寄せられています。

  1. ステップ 1.iPhoneをMacBook/デスクトップに接続します。

  2. ステップ 2.接続に成功したら、iPhoneのモデルに応じてiPhoneをDFUモードに設定します。

  3. ステップ 3.左側のリストにデバイスが表示されていることを確認します。

  4. ステップ 4.数秒待つと、iTunesに復元ボタンのポップアップが表示されます。すぐにタップして、iPhoneを復元します。

解決策6.サードパーティ製ソフトウェアを使ってiOS 15をアップデートする(100%成功する方法です)

上記でも解決せず、iOS 15がアップデートの要求画面のままフリーズする場合は、サードパーティ製のツールを使ってタスクを実行することをお勧めします。UltFone iOSシステム修復はこれ一つで解決できるソリューションです。このプログラムは、iOSで生じるアップデートができない問題、画面のフリーズ、ブラックスクリーン、リカバリーモードといった150以上の問題を、データを失うことなく簡単に修復することができます。

 
   
 
無料ダウンロードd PC対応 安全的なダウンロード 無料ダウンロードd Mac対応 安全的なダウンロード
今すぐ購入 今すぐ購入

早速、その手順を見てみましょう!

  • 手順 1 iPhoneをUltFone iOSシステム修復に接続し、スタートをクリックして進みます。

        ultfone ios システム修復で、アップデート要求されたios 15を修復する   
  • 手順 2 次の画面で、標準修復を選択します。

        アップデートを要求されたiPhoneを、データを失わずに修復する   
  • 手順 3 画面のヒントに従って、ファームウェアパッケージをダウンロードします。

        itunesを使わずにiOS 15をアップデートする    
  • 手順 4 ダウンロードが完了したら、標準修復を開始ボタンをクリックして、最後のステップに進みます。

        iOS 15のアップデートでフリーズしたiPhoneを修復する    
 

まとめ

iPhoneでiOS 15/14/13/12/11/10/9のアップデートの要求時に発生する問題を解決するための検証済みの方法をご紹介いたしました。上記の様々なソリューションの中で、最も安全で、すべてのiOS問題を解決できるのはUltFone iOSシステム修復で、最も信頼できるソリューションです。詳細をご覧いただき、ワンクリックでiOSの問題を解決しましょう。

150以上のiOS15/14の問題を修正
  • 1クリックでiPhone / iPadが無料でリカバリモードでスタックする問題を修正
  • データを失うことなく150以上のiOS15 / 14アップデートの問題を修復する
  • iOS15のダウングレードスタックの問題を修正
  • データを失うことなくiOS15をダウングレードする
  • 100以上のiOSアップデート/復元エラーを修正
iOS system repair